秋田県中央地域の大工仕事は「宇七工務店」にお任せ下さい|宇七工務店(秋田県由利本荘市)

宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県内全域(由利本荘市・秋田市・にかほ市等)。新築からリフォーム、オール電化住宅、準高気密・準高断熱、解体まで木造建築工事全般

主な対応地域:秋田県内全域

代表:佐藤 直通

tel.090-4046-2193

メールフォーム。宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県由利本荘市・秋田市・にかほ市

HOME > 施工事例 > 遊び心が入った、雨よけ屋根(総合支所=旧 役場にて)

遊び心が入った、雨よけ屋根(総合支所=旧 役場にて)

~ 施工前編 ~

ここは3月の秋田県由利本荘市某所にある総合支所脇の建物です。

この開口部は通路になっており、主に職員が支所内に行くための通路になっている場所のようでした。

画像には写ってませんがこの建物の屋根の傾斜はこちら側になっており、雨が降るたびに雨だれがひどいようでした。
たしかに通路ですから雨だれは誰だって嫌ですよね。
屋根から落ちてくる雨粒は大きいですし。

そんなある日、宇七工務店に屋根の依頼が来たわけです。

~ 施工中 その1 ~

屋根といっても様々な形状がありますが、ただ単に造るだけでは面白味と見た目に欠けますから1スパイス加えた、いわば遊び心を取り入れたモノを造ろうと考えました。

が、しかし予算は決まってますからどこまでも凝るわけにはいきません。
与えられた予算ギリギリいっぱいを使って考案した雨よけ屋根の施工段階中の画像1つ目がこれになります。

真ん中の柱状はともかく、両サイドの物体はナニか疑問に思う事でしょう。
キチッとした理由があってのこの造りです。

実はこれが今回の遊び心になるわけです。

~ 施工中 その2 ~

なにが遊び心だったかの核心は次章で紹介することとしまして、ご覧の通り屋根は高いところに造られますので作業の効率と安全性を考慮して「足場」を組みます。
強風での倒壊も考えられますから単管を使った「控え」も施します。
建物本体屋根からの雪解け水も滴り落ちてきて作業に影響ありますからシートも張ります。

このシート、他にも意味がありまして施工中の屋根にトタンを葺くまでは雨に当てたくないのもありました。

~ 完成 ~

屋根にトタンを葺いて、これで完成です。

無垢材をそのまま化粧としてますので、スーパーソートという防腐剤で仕上げました。
焦茶色風な色合いです。
できるだけ永く風雨に耐えるための塗料です。

前章で述べた両サイドの物体の答えは「方杖」でした。

この屋根はあとから足した屋根ですから構造体の「桁」は二点支持ができません。
この桁を支えるために方杖を加えるわけですが、普通一般的には斜めに材を使います。
この場合は壁面から桁を支えるため、斜めに使用します。その使い方はごくごく当たり前で普通です。
なので面白味がないので、角材をいくつも付け加え、そして長さを変えながら「方杖」としました。
この使い方でも十二分に方杖の役割は果たしますし、桁を支えることによってほぼ全ての構造材を支えることができます。
それに加え、見ても面白味のある造りとすることができます。

いかがでしたでしょうか。
これといって大したモノではないかもしれませんが1スパイス効いてるところが見てとれると思います。

遊び心1つで見かけが変わります。

~ 終わりに ~

まだ若い棟梁に見られがちかと思いますが、これからも秋田県工務店もしくは由利本荘市工務店として地元のために頑張っていきます。

在り来たりに囚われないオリジナル的発想を武器にこの職を頑張り通したいと思っています。

皆様、応援のほど宜しくお願いします。

一般住宅のみならず小屋や車庫、二世帯住宅から神棚などもお任せ下さい。
自信を持ってお造り致します。