サッシの冬囲いの造り直し|宇七工務店(秋田県由利本荘市)

宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県内全域(由利本荘市・秋田市・にかほ市等)。新築からリフォーム、オール電化住宅、準高気密・準高断熱、解体まで木造建築工事全般

主な対応地域:秋田県内全域

代表:佐藤 直通

tel.090-4046-2193

メールフォーム。宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県由利本荘市・秋田市・にかほ市

HOME > ご相談解決事例 > vol.5 そろそろサッシの冬囲いも造り直していい頃かな。今まで長年 使ったことだし。

vol.5 そろそろサッシの冬囲いも造り直していい頃かな。今まで長年 使ったことだし。

宇七工務店のお客様そろそろサッシの冬囲いも造り直していい頃かな。
今まで長年 使ったことだし。

宇七工務店からのお返事ん~、これはもう造り直したほうがいい状態になってきてますね。
ポリカ(波板)も割れてるし、木部の雨染みもあまり見映えが良くないですね・・・

冬囲い 一押しですが、木枠にただポリカを張って仕上げるのではなく、ガードラック(木部保護塗料)を2回塗りしてからですと雨染みなど気になりません。
そしてなにより冬囲いの「持ち」も違いますよ。

どうせなら、たかがサッシの冬囲いでも最初のうちにバンッ!と造っておけば、永い期間木肌の持ちも見た目も安心です(^^)/

過去にはサッシの冬囲いとしてではなく、沿岸住まいのため浜風が強く、サッシへの風よけとしての受注もありました。
「なるほど!」と思いましたね。  

※追伸 木枠はそのままでポリカだけの張替もオッケーです。

~ 今年の冬からは・・・ ~

これでまたしばらくはサッシの雪対策、安心ですね。
  強度も安心です(^_^)

【施工前】→【施工後】

施工後冬にはいつも窓から冷気が入ってきてる気がするんです