神明様〜原寸図起こしから完成まで 宇七工務店(由利本荘市)|宇七工務店(秋田県由利本荘市)

宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県内全域(由利本荘市・秋田市・にかほ市等)。新築からリフォーム、オール電化住宅、準高気密・準高断熱、解体まで木造建築工事全般

主な対応地域:秋田県内全域

代表:佐藤 直通

tel.090-4046-2193

メールフォーム。宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県由利本荘市・秋田市・にかほ市

HOME > 宇七工務店から > 神明様〜原寸図起こしから完成まで

神明様〜原寸図起こしから完成まで

トップページにも掲載されております、この神明様、どのような造りから生まれてくるか、私なりにご説明いたしましょう。
ただしこれは私の場合の造り方の順序であります。

鳥居付き神明様 制作記録 受注がきてまずはお客様に用途の質問をします。使用する物も聞きます。そのもののサイズを聞き、イメージの要望を聞きます。
この度は「神明様」でしたので、私は社寺建築のイメージが生まれました。 社寺建築といっても種類はたくさんあります。大きさも様々です。 
お客様の一番の要望は、御札(おふだ)が三枚収納できるサイズと、屋根も付けて欲しいとのことでした。

神明様〜原寸図起こしから完成まで おおまかな打ち合わせが終了し、いざ仕事に取りかかります。あとここからは自分のセンスが問われます。
神明様→社寺建築→屋根の反り具合や軒先の出、化粧垂木のこと→全体のバランス
一連の私が描いたイメージであります。

行き当たりバッタリのバランスの調和は難しいので、まずはベニヤ板に原寸図を描きます。
屋根の反り具合、垂木の出はある程度方程式はありますが、最終的な仕上がりはその大工さんの美的感覚だと思います。
鳥居に関してもそうです。柱の太さ、倒れ、笠木(鳥居上部の二段の横木)の大きさや延びも決められた方程式はあるのですが、最後のバランスは手をかけた大工さんに委ねられます。
バランスほど難しいモノはないと、今でも思います。いつも黄金比が成り立てば、すごい楽でしょうね。

鳥居付き神明様 宇七工務店 施工途中の写真をご覧いただければおわかりでしょうが、下からパーツを組み上げていく形式にしてあります。その理由は、人が中に入って作業する大きさではないからです。
出来上がりのイメージの逆再生を更にイメージしないと、とんでもない失敗につながります。
つまりは作り手のキャリアとスキルが要求されるわけです。
いろんな要素が加わり、この神明様はこのような容姿になったわけでございます。

鳥居付き神明様 宇七工務店由利本荘市 宇七工務店由利本荘市 宇七工務店由利本荘市 工務店秋田県 工務店秋田県 工務店秋田県由利本荘市 工務店秋田県由利本荘市 工務店