秋田市、にかほ市ないし秋田県中央地域での氏社(氏神様)は宇七工務店にお任せ下さい|宇七工務店(秋田県由利本荘市)

宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県内全域(由利本荘市・秋田市・にかほ市等)。新築からリフォーム、オール電化住宅、準高気密・準高断熱、解体まで木造建築工事全般

主な対応地域:秋田県内全域

代表:佐藤 直通

tel.090-4046-2193

メールフォーム。宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県由利本荘市・秋田市・にかほ市

HOME > 施工事例 > 氏神様(宇七工務店  佐藤巧 作)

氏神様(宇七工務店  佐藤巧 作)

宇七工務店 氏神様 この氏社(うじしゃ)は秋田県由利本荘市内の、とあるお宅から依頼されて6年ほど前にお造りしたものです。

元々このお宅には氏神様を祀る建物(氏社)は存在してありましたが老朽化に伴い、既存物をベースに新設して欲しいとの依頼でありました。

それなりに朽ちかけていた既存の氏社寸法(高さ・巾・奥行き・化粧垂木の間隔・屋根の反り その他もろもろ)をメモに控え、当時本格的な作業場が無かった僕は車庫の中で小さな木工機を相手に日曜日が来る度に加工を施していました。

この型の氏社はお寺や仏閣と若干違った造りに該当すると思いますが、神仏を祀るという意図は変わりません。日本建築において「木」を現しとした趣が追求されます。

社寺建築において屋根のバランスは非常に重要な要素を占めます。特に軒の出、軒反りは建物の美的感覚を大きく左右します。
入母屋造りはまさしく日本建築を代表する屋根格好だと僕は考えます。
ただしバランスがうまく保たれた入母屋を造るのはなかなか難しいものです。

なぜならば建物の梁間と桁間の大きさに見合った軒の出、箕甲(みのこう)のバランスが追求されるからです。

この度の氏社はベースとなる既存物が切り妻屋根でしたので、それに右ならえで造らせていただきました。唯一変更したのは屋根の「勾配」ですかね。引き渡し勾配を八寸とし、1寸2分ほどの弛みをもたせました。
屋根に雪が積もってるので、反り具合が分かりづらいのはご了承願います。

宇七工務店では一般建築物以外にも、このような氏社もお造り致します。これ以上に手の込んだモノも施工可能です。

由利本荘市内のみならず秋田市で二世帯住宅やにかほ市での二世帯住宅、秋田杉の神棚など多岐に渡って施工の幅は広い工務店です。他にも高気密住宅や高断熱住宅・オール電化住宅もお任せ下さい。

秋田市工務店やにかほ市工務店での検索では是非『宇七工務店』をご用命ください。秋田県中央地域内は喜んでお伺い致します。