秋田市,由利本荘市,にかほ市で新築するなら宇七工務店|宇七工務店(秋田県由利本荘市)

宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県内全域(由利本荘市・秋田市・にかほ市等)。新築からリフォーム、オール電化住宅、準高気密・準高断熱、解体まで木造建築工事全般

主な対応地域:秋田県内全域

代表:佐藤 直通

tel.090-4046-2193

メールフォーム。宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県由利本荘市・秋田市・にかほ市

HOME > 宇七工務店から > 秋田県秋田市,由利本荘市,にかほ市での新築は『宇七工務店』にお任せください

秋田県秋田市,由利本荘市,にかほ市での新築は『宇七工務店』にお任せください

035 秋田県秋田市・由利本荘市は比較的、雪が多く降る地域です。毎年どこのお宅も雪には悩まされているはずです。
にかほ市などの沿岸部はそれほど雪は降り積もりませんが、冬の日本海の浜風は強く屋根材外壁材もそれに見合った物を使用しなければ劣化する速度も速まるでしょう。沿岸部では屋根材に関しては瓦が多用されています。きっと潮風、しいては塩害のことを考慮しているものと考えられます。瓦だとトタンと違い、塩害には対抗する力が強いでしょう。

反対に内陸部は雪が多いですね。朝起きるとビックリすることが多々あります。地元業者の大きな除雪車がフル稼働です。僕の家の周りはそんなに道幅は広くないため、除雪隊も相当気を遣っていることでしょう。

では皆さんのお宅での雪事情はどうでしょうか。まず第一に屋根格好を見て下さい。「ダキ」があればそこに雪が必ず溜まります。両方の屋根勾配から雪が押し寄せてくるので、最後まで雪はそこに残ります。いつまでも雪が残っているが為にそこのトタン部分はやはり劣化も早く雨漏りの原因にも繋がります。雨漏りがすると水はいろんな所を伝わってくるので、場所を特定するのに困難を極めます。
住宅の景観上、屋根が入り組んでいると見栄えは非常に格好がつきます。しかしこれが仇となり、雪国には向かないと僕は考えております。
すなわち新築の時点で単純な「方(かた)屋根」(写真の屋根)を推奨します。あるいは、「への字屋根」です。見た目はシンプル過ぎますが、雪国には一番適している造りと思います。シンプル過ぎるのであればそれなりのデザインでの格好も出来ます。
いかに「ダキ」を無くして雪のこと、雨仕舞いを良くするかです。この際、はっきり言って格好など気にしていられないと考えます。まぁ、八の字の「切妻屋根」でも良いでしょう。

新築に関しては屋根格好が大半のシェアを占める率があると思うんですね。デザインばかり考えて入り組んだ屋根にすると後々後悔するときもあるでしょう。せっかく新しく家を建てて3年後には屋根改造なんてバカらしでしょ?我々雪国には簡単な屋根で間に合うんです。どうしても「寄棟屋根」や「入母屋屋根」にしたいのであればお造りいたします。極力「ダキ」を付けないようにです。

最後にですが、今の現代の家って軒が浅いですよね。昔の言葉で[大工とスズメは軒に泣く]という言葉がありました。これは化粧垂木の「入母屋造り」のように垂木が隅に近づくにつれ反り上がることです。今の新築物件でそういう家って、まずありませんよね。そりゃコストもかかるし手間ヒマもお金もかかりますしね。時代の流れ、世の流れなんですかね。きっと造れる大工さんも減っていくことでしょう。いつかはそんな家の注文を受けてみたいと常日頃思います。
お金持ちの人や芸能人が建てる新築の家は大半は洋風が目立ちます。どれもこれもオシャレです。でも僕は和風が好きなので「和」の家を建てた方々にはある意味尊敬します。日本の文化を感じます。和風住宅はどこか風流で落ち着き、和みを漂わせます。
新築は一生に一度の高価な買い物ですが、宇七工務店に任せていただければ「安心の家」を提供致します。
秋田市工務店、由利本荘市工務店、にかほ市工務店での検索は是非、「宇七工務店」にお任せ下さい。