工務店とハウスメーカーの違い|宇七工務店(秋田県由利本荘市)

宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県内全域(由利本荘市・秋田市・にかほ市等)。新築からリフォーム、オール電化住宅、準高気密・準高断熱、解体まで木造建築工事全般

主な対応地域:秋田県内全域

代表:佐藤 直通

tel.090-4046-2193

メールフォーム。宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県由利本荘市・秋田市・にかほ市

HOME > 宇七工務店から > 〝工務店〟とハウスメーカーの違い  由利本荘市  宇七工務店

〝工務店〟とハウスメーカーの違い  由利本荘市  宇七工務店

new_ブログ用 みなさんはどこが一番違うと思われますか?

お客様目線からすると住宅の建設はハウスメーカーが注文の窓口と思われてる方が非常に多いように思われます。
実際に家を建てるのは大工さんですよね?大工さんも「工務店」という「店」の看板を立ち上げてますから、大工さんに直接発注しても何も問題はありませんね。
むしろ直接注文した方が中間マージン(営業の人件費等)が浮きますから、その分住宅に費やせば同じ金額の支払いであっても、仕上がりの出来栄えには差がついてるはずです。大工さんと直接の打ち合わせなのでお客様の要望もキチンと伝わりますし、たくさん触れ合うことで人情が湧き、仕事に対する意気込みも違ってきます。
これはあくまでも僕の経験談でありますから、ひとつの参考としてください。
僕も過去には某ハウスメーカーの下請けの仕事を数棟も経験してますので、住む人の顔がわからない家をいくつもこなしてきましたから、ただ「家の形」を造ってるだけに過ぎませんでした。まぁ建て売りもそのとおりであり、買い手がつくまでは「管理だけされてる家」ですよね。
僕の一番の理想はお客様とのコミュニケーションを大切にしますから、今はそれができて幸せです。造る過程で何度かお客様に確認し、お互いの意見の中で納得のいくモノが出来上がる。これ以上のやり甲斐というものはお金には換えられません。

しかしながらハウスメーカーも優れているところはたくさんあります。
僕が一番思うのはデザイン性ですね。大半の方はこの外観で食らいつくと思います。洋服や車も同様にデザインが良ければ誰でも飛びつきますね。
次は最新型を取り入れるところですかね。例えば住宅の耐震的な強度であったり、高気密・高断熱住宅においては外断熱からウレタンの吹きつけやパネルでの断熱に移り変わったり、多種多様ある新建材を多用して室内をオシャレに見せたり・・・。なかなか考えてるなぁと思いますよ。
でも個人の工務店も負けてはいません。
住宅のデザインは「◯◯さんのお宅みたいに」と言って頂ければそれに似たように出来ます。僕でしたらそれに+αで遊び心を取り入れ、個性を出します。パターンは無数にありますから、いろんなバリエーションが生まれます。
住宅の強度についてですが、いくらでも強度は高められます。がしかしこれって僕の考え方ですが、過剰に高めすぎても良くない気はします。確固たるデータはありませんが、建物強度の最大の目的は地震力にあると思うので、剛の力に対して真っ向から剛の力で対抗するのではなく、多少の柔の力もあってもいいと考えます。要は吸収ですね。
メーカーによっては免震構造とか制震構造などと謳われてます。空手vs合気道みたいな例えです。どことなく僕の言いたいことが伝わりましたでしょうか?逃がす力も大事ですね。
このように簡単に工務店とハウスメーカーの違いを僕なりに執筆してみました。と言うか僕の意見みたいになってしまいましたが。
最後にですがハウスメーカーは宣伝効果が格段にすごいと思います。チラシや看板などからはたくさんの費用が感じられます。これはひとつの情報ですがハウスメーカーは工務店より住宅の価格の3割ほどが上乗せになるみたいです。やはり広告費や展示場の管理費などの経費が絡むからでしょう。
でしたらその分を住宅に費やした方がお客様は得ですね。
以上で「工務店とハウスメーカーの違い」について僕なりに書かせて頂きました。