神棚や神明様,氏神様(氏社)の依頼は「宇七工務店」にお任せ下さい|宇七工務店(秋田県由利本荘市)

宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県内全域(由利本荘市・秋田市・にかほ市等)。新築からリフォーム、オール電化住宅、準高気密・準高断熱、解体まで木造建築工事全般

主な対応地域:秋田県内全域

代表:佐藤 直通

tel.090-4046-2193

メールフォーム。宇七工務店(うしぢこうむてん)秋田県由利本荘市・秋田市・にかほ市

HOME > 施工事例 > 『宇七工務店』が造る入母屋造りの神棚

『宇七工務店』が造る入母屋造りの神棚

IMG_0938

~ 原寸図編 ~

ちょっとわかりづらいと思いますがこれが屋根の「反り」を求めるための原寸図です。ベニヤ板に描いたものです。
僕の場合は化粧垂木の間隔と隅木の反り具合、軒の出を決めてから神棚本体の寸法を決めることにしました。
もちろん中に入るモノ(お札など)のサイズも十分、勘案しながら縦・横・奥行きの大きさを決めます。

こういう入母屋造りでは隅木に近づくにつれ屋根は反り上がり、比例して化粧垂木も上方に引き上げられます。
よって化粧垂木に「転び」が生じるわけです。わかりやすく説明しますと水平なものの下面に箱をピッタリくっつければその箱は水平に対し垂直に収まります。
それでは斜めに傾斜がついてる下面に段ボールをピッタリつけますと?
「転び」ますよね。

それを修正していくのも根気のいる作業なんですよ。
終盤の画像でそれがわかっていただけると思いますので、まずはこのまま読み進んでって下さい。

神棚 土台面

~ 土台編 ~

この土台の角の仕口は「アリ」という仕口にしました。
この造りにすることにより、接合部は引っ張っても離れることはありません。
土台の厚さに全て「アリ」としてしまえば上下の厚さにに対してズレが生じてしまう恐れがあるので半欠きとしツラ面が揃うように施してあります。

さりげない職人技の一工夫ですね。

神棚 側面

~ 側面編 ~

見て分かりづらいところもあるかもしれませんが、柱はケヤキを使用しました。ケヤキの特徴は杢目が非常に豊かです。躍動感に富んでいます。密度もあり、堅くて重量もあります。昔から重宝されてます。
ただ、杢目が豊かすぎるゆえに鉋をかけるのには一苦労しますね。それと堅木ですので、よく研いだノミでなければ刻むのは難しいですね。

桁となる部分と土台部分の帯には「ピーラ」と呼ばれる上質な松の木を使用しました。
なぜ松かというと「ますます(松松)繁盛しますように」の意味・願掛けがあるからです。

他にも秋田杉、桧、スプルースを使用しています。

間口は差し金の裏の文字、吉寸に合わせた開口寸法としました。
縁起物にはとことんこだわります。

神棚 屋根

~ 屋根編 ~

これは下から見上げた感じの画像です。屋根は若干大きめに造りました。
その意味は高いところに飾るため、見上げたときの視覚作用を考慮したためです。
軒の出が広いと優雅に見えますね、僕の場合。

隅木も原寸を起こし、型を造りそれに合わせ反らせてあります。
「ケラ首」と呼ばれる隅木の一番端付近、それも上面の細工が少し難儀しましたね。
茅負いとの絡みもありましたし。

神棚 仕上がり

~ 神棚 完成編 ~

これでひとまず仕上がりました。「秋田杉の神棚」とでも命名しましょうか。
本来であれば屋根には銅板でも葺きますが、この度は建物の中に飾るという前提でしたのであえて銅板は葺きませんでした。

屋根格好は神社仏閣風に「千鳥破風」としました。棟の部分が尖ってますよね。
反対に一般住宅の入母屋造りは「むくり破風」と呼ばれ、千鳥破風と逆に反らせてあります。今度気をつけて入母屋造りの住宅を見てみて下さい。
たまには千鳥破風の住宅もありますけどね。

それと化粧垂木の間隔、お気付きになられましたか?
「本繁割り 小間返し」(ほんしげわり こまがえし)と言って、垂木の幅と間の間隔がほぼ等しいのです。

実は入母屋造りというものはこの化粧垂木の間隔で屋根の大きさが決まります。
おのずと隅木の長さも決まるのものです。

~ 終わりに ~

今回僕が一番こだわったのはこの軒反りにありました。
昔からの言葉で「大工と雀は軒に泣く」という言葉があります。

なぜ大工は軒(屋根の破口部分)に泣くのか。
それは軒反りに苦労するからです。
屋根をキレイに見映え良く反らせるのには莫大な時間と労力を要します。木材も倍以上使います。
茅負い、裏甲、葺地これらおのおのは隅に近づくにつれ2割増しで反り上がります。

入母屋造りは大工さんの腕の見せ所と言っても過言ではないでしょう。

現代建築において入母屋造りは激減してるように思います。洋風住宅が大きなシェアを占めてるように感じます。
これもきっと時代の流れでしょうね。

日本建築「和の造り」入母屋造り。木の温もりと安らぎを兼ね備えたこの工法、僕は好きだなぁ。